ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月08日

ユングが足首を負傷、10日間の離脱へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1483788722
後半戦に向けて始動したばかりのギズドル監督だが、早々に離脱者を抱えることとなった。ギデオン・ユングが金曜日の練習中に足首を負傷。靭帯に過度伸展を抱えたとのことで、これから10日間ほどの離脱に入るという。

これは守備陣の強化をはかりたいハンブルクとしては痛手だ。

今冬にハンブルクはクレーベルとスパヒッチの二人のCBを放出し、7位ケルンで守備を支えたメルギム・マフライを獲得。確かにユングはMFを主戦場とする若手ではあるものの、前半戦ではむしろCBとして出場機会を確保しているところだった。

なお同じく負傷を抱えるフィリプ・コスティッチ(内転筋)とボビー・ウッド(足首)の二人のオフェンスの主力については、現在は室内にて個人練習に励んでいるものの、まもなくしてチームに合流する予定となっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報