ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月09日

右サイドバックでプレーするレッキー「これがチャンスなら」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lex800-1483872186
「ちょっと不慣れなポジションだったけし、あんなに守備的に長くプレーしたことはなかったよ。でもわるくはなかったと思うね。」

テストマッチでは不慣れな右SBでプレーし、試合後にそう振り返ったオーストラリア代表FWマテュー・レッキー。

今季はここまで一度もフル出場も、得点にも絡むことができず、役割を失っているところだが、移籍については考えずに「ここでやると押すつもりだ。後半戦でも先発できないかもしれないけど、でもまた出場機会を増やしていきたい。」と意気込みを見せている。

「監督はいつだって僕が当落線上にあったと話しているし、いいトレーニングができているといっている。これをつづけてチャンスを待ち続けるよ」

そのためには定位置にはこだわらない考えを持っており、「それが1つのチャンスなら、監督がその方がいいと思うなら、ベンチに座るよりはましなことさ」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報