ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月18日

パパドプロス、移籍決断の理由は「ギズドル監督」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hsv8-1484663185
今冬にハンブルクへのレンタル移籍を決断したキリアコス・パパドプロス。2位のクラブから15位のクラブへと戦いの場をうつした理由は、ライプツィヒで不満を抱えていたことと、マルクス・ギズドル監督の存在だった。

「ハンブルクは大きなクラブだし、ギズドル監督からの問い合わせがあった時点で、すぐにここに来たいという気持ちになったよ」

シャルケ時代からパパドプロスを知るギズドル監督は、「ホッフェンハイム時代にも獲得しようとしてくれていた」という。

今夏にレヴァークーゼンからライプツィヒへと移籍したパパドプロスだったが、負傷の影響もあって出場機会の確保に苦しむ結果となった。「もちろんあの状況に満足できなかったし、冬季キャンプに全て参加して、状態はいい。またプレーがしたいし、ハンブルクの助けとなりたいね」

なお背番号はCBながら9を身につけたが、その理由については「この番号が好きなんだ。FWとしてユース時代にプレーしていたときにつけていた番号だし、ぜひ得点をあげたいと思っているよ」と説明している。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報