ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月24日

「直接対決」に意気込むマティプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3794
次節に向けて「いうまでもなく、熱い戦いになるよ。できればその結果が僕たちの側にとっていいものであるように願っている」と語ったマルクス・スットナー。確かに今回の勝ち点が意味するところは、勝ち点4に相当するともいえるだろう。

相手は入れ替え戦圏内にある15位ハンブルクであり、一方のインゴルシュタットは自動降格圏内となる17位。勝利すれば上回ることになるのものの、敗戦となれば勝ち点差が4へと広がることになるのだ。まだ後半戦の開幕とはいえ、選手達に与える精神的なダメージは決して小さくはない。

それでもバウム監督は「命運をわける戦いというのは、シーズンの終盤に訪れるものだ。後半戦の初戦ということは決してないよ」と冷静な見方を示しているのだが、一方で主将のマルヴィン・マティプは「ハンブルクはまさに直接対決だ」と意気込みを見せており、同じくベテランCBロマン・ブレジェリーも「確かにハンブルクに負けたからといって降格するわけじゃないが、もちろん重要な一戦であることに変わりはないよ」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報