ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月01日

残留の夢遠のくインゴルシュタット、次節モラレスの穴埋めは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

max8-1493572001
シーズン途中から、カウチンスキ前監督のあとをうけて、インゴルシュタットの監督へと就任したマイク・ヴァルプーギス監督。

しかしそれ以来、負傷や出場停止など、相次ぐ離脱者により苦しいやりくりが強いられており、負けられない残り3試合を前にして、今節もロジャー、そしてアルフレッド・モラレスの穴埋めを強いられているところだ。

ただそのロジャーについては、3バックの中心を務めていたロマン・ブレジェリーが出場停止明けとなることで、そのまま元の位置にもどることになるだろう。

その一方でボランチのモラレスの代役には、本来ならばそのロジャーが入ることが見込まれるのだが、残されたオプションとしてはパスカル・グロースを後ろの位置に下げる、もしくはリオ五輪戦士のマックス・クリスチャンセンを起用することか。

ロジャーは「選手はそろっているんだ」と、穴埋めに自信をみせた。

なおライプツィヒ戦で負傷交代を余儀なくされていたマテュー・レッキーについては、頭部に打撲を受けて「一時、視界がせまくなっていた」ものの、脳震盪はみられておらず、大事にはいたらなかったことが明らかとなっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報