ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月03日

残留信じるグロース「レヴァークーゼンから勝利しないと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末の2位ライプツィヒ戦では勝ち点1を確保するも、入れ替え戦となる16位との差は引き続き4となってしまったインゴルシュタット。残り3試合に向けて、さらに状況は厳しさをましたことになるのだが、パスカル・グロースは「僕たち全員が、残留を果たせると信じている」と意気込みをみせた。

ライプツィヒ戦では、出場停止のために観客席がチームを応援していたMF。今節のレヴァークーゼン戦では、どうしても勝利が必要だと考えており、「土曜日のホーム戦では、勝ち点3を取らなくてはならない」とコメント。

とくにライプツィヒ戦での戦いが1つの自信となっており、 ブンデストップクラスのオフェンス力を相手に、第21節以来の零封を飾ったことについて「また0点に抑えられたことは重要だったね。これを今回のホーム戦でも活かしたい」との考えを述べている。

またクラブ公式ページでは、マテュー・レッキーがインタビューに応じ、「これから迎えるどの試合も、決勝戦のようさ」との見方を示し、グロースと同様に「ホームでレヴァークーゼンを倒さないと。週末の勝ち点1でも、上との差は縮まらなかったから」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報