ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月04日

ヴァルプーギス監督「うちが勝てば、他クラブもおちおちしてられない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wal_800-1493900695
これから残り3試合にむけた、インゴルシュタットの目標は明確だ。勝ち点差4となった残留ライン上にあるチームたちに対して、できるだけ勝ち点を稼いでプレッシャーを与えていくということ。

「我々が勝利すると、他のクラブもおちおちしていられなくなるからね」そう考えを示したマイク・ヴァルプーギス監督は、「私は残留できると、強く確信している」と闘志を燃やした。

なお今回の試合では、出場停止にあるロジャーとモラレスの穴埋めが課題となるが、ヴァルプーギス監督は代役について明言は避けたものの、ロジャーが務めていた3バックの中心には、ロマン・ブレジェリーが復帰することになるだろう。

モラレスが務めていたボランチについては、本来ならばそのロジャーが本職とするところなのだが、しかしそのロジャーの欠場に伴い、代役候補としてはリオ五輪戦士マックス・クリスチャンセン、もしくは攻撃的MFパスカル・グロースの位置を後ろに下げることも考えられる。

その一方で、膝に軽い問題を抱えて練習を中断したソニー・キッテルについては、あくまで念のための措置だったとはいえ、今回の試合ではベンチスタートということになるだろう。

指揮官は「簡単なことではないが、しかし選手層は厚みを増している。キッテル、クリスチャンセン、そしてレックスは、最近はうまくチャンスをいかしているところだ。離脱者の穴埋めは任せろといわんばかりにね」と述べ、レヴァークーゼンとの一戦を前に「クレバーかつインテリジェントにプレーすること、それが重要だ。今は第32節で残留をかけて戦うことができている。このチャンスをものにしたい」と意気込みをみせた。

先発予想:インゴルシュタットvsレヴァークーゼン

インゴルシュタット(17位):ハンセン – M. マティプ, ブレジェリー, ティスランド – アデルジョナイ, コーエン, クリスチャンセン, スットナー – P. グロース, レッキー – レスカノ

レヴァークーゼン(12位):レノ – ヒルベルト, ター, ドラゴヴィッチ, ヴェンデウ – バウムガルトリンガー, カンプル – ベララビ, メーメディ – フォランド, キースリング


  • ブンデスリーガ・各チーム情報