ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月09日

ハンブルクの守護神アドラーが今季絶望に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

adler800-1494335929
ハンブルクの守護神レネ・アドラーが、このまま残り2試合も欠場することが明らかとなった。ボルシア・ドルトムント戦で、相手FWオーバメヤンと交錯した際に、肋骨を骨折していた元ドイツ代表。

その後はシーズン中の復帰を目指して精力的に取り組んでおり、順調な回復もみられていたのだが、しかし精密検査の結果まだ時間を要するとの判断が下されており、アドラーは「残念だけど医師の判断を受け入れる」と語っている。

「怪我で試合を外から見るしかないのは辛い。特にこれほど重要な時期にその助けとなれないなんて・・・」だがもしかすると、このままアドラーはハンブルクを後にすることになるかもしれない。

ハンブルクとの契約は今季いっぱいまでとなっており、マネージャーのイェンス・トッド氏は、クラブの残留・降格が明確となってから話し合いを行いたい考えを示しているが、その一方で代役を務めたクリスチャン・マテニアは、先日のマインツ戦でマン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍を披露した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報