ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月30日

【ブレーメン0−3アウグスブルク】採点・結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ミヒャエル・グレゴリッチュ(FW:アウグスブルク)


【得点経過】
0−1:グレゴリッチュ(40分、マックス)
0−2:フィンボガソン(45+2分、)
0−3:グレゴリッチュ(61分、カイウビー)

【試合後コメント】
アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン):今日に関しては、全てのファンそれぞれに、今回みせたパフォーマンスについて謝罪しなくてはならないだろう。敗戦にふさわしい内容を露呈してしまったと思う。ファンがみせていたリアクションは理解できるものだ。失望は大きいよ。重要なことはお互いのために取り組みつづけ、そして全力をもってこの1週間トレーニングを行なっていくことだ。

マヌエル・バウム(監督:アウグスブルク)「とても満足している。しかし2つのポイントについては指摘しなくてはならあない。もっと得点をできるようにチャンスを活かしていかないといけないということ。そして開始20分間については、まったく試合をつかめていなかったということだ。それでブレーメンにはかなり得点チャンスを与えてしまったし、1−2とされなかったのは、むしろ幸運だったよ」


【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報