ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月21日

日曜にギズドル監督解任も?

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


土曜夕方に行われた最下位ケルンとの下位決戦で、ホームに詰め掛けた大観衆の前で0−2と敗戦を喫したハンブルガーSV。これでリーグ戦6試合連続での未勝利となり、安全圏内となる15位までの勝ち点差は5という状況になった。

イェンス・トッドSDは「すでに話し合いはしているし、明日も再び行う。まずは一晩休むことにするよ。日曜日にこれからどうしていくか判断する」とコメント。だがもうその決断は出ているのかもしれない。

試合後イェンス・トッドSDがギズドル監督を後押しするコメントを控えたことに、さして驚きを覚える必要などなく、TVの取材に対して同SDは「我々にとって非常に辛い日となってしまった。とにかく辛い。選手たちが全力を尽くしている姿は見てもらえたと思う。だが言い繕うつもりは毛頭ないがね」と肩を落としている。


一方でギズドル監督自身は、「もう一度チャンスをもらえるよう希望している。過去にも共に困難を抜け出してきたのだ。だからぜひこのまま続けさせてほしい。しかしこのことについて私がどうこう言える立場にはないよ。トッドSDの方に聞いてくれ」と述べた。

「今日の試合では、1−0とされるまではいい試合をしていたのだ。我々の方がシュート数でもコーナーの数でも上回っていたよ。しかしとにかく得点に結びつかなかったんだ。運に見放されていたね。この試練を早く乗り越えなくては。だが選手たちが置かれている状況は、決して容易なものではないんだ。長期にわたってプレッシャーの晒され続けているのだからね。今はみんなでともにここから抜け出すことだよ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報