ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月31日

DFB審判員協会における不正疑惑の調査結果報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マヌエル・グレーフェ審判員の訴えで、DFB審判員協会について第3者期間としてカルステン・ティール・フォン・ヘルフ弁護士が、嫌がらせ行為や不正行為などの調査にあたっていたが、しかしながらその結果はむしろ協会内におけるリーダーシップの欠如にあったとの報告がなされた。

今回の調査にあたっては、数多くのデータが使われ、現役もしくかかつての職員ら34人の聞き込みなども行われた結果に基づいているという。特にヘルムート・クルーク氏については、ビデオ判定審判員に対して不正行為を強要したとも伝えられていたのだが、「そういった証拠はなかった。決断はあくまで審判員によって下れていた」とのこと。

さらに嫌がらせ行為についても特に証拠はなく、都合のいい審判員を出世させていたといったことなどについても、協会としてはむしろその信頼感が確かめられた格好だ。だがその一方で調査結果では、審判員協会におけるリーダーシップの欠如という問題点も指摘されている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報