ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月01日

【バイエルン6−0ドルトムント】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年3月31日18時30分〜(日本時間25時半)

【スタジアム】アリアンツ・アレナ(ミュンヘン:最大収容人数7万1000人)

【主審】ダンカート

【1部通算対戦成績】44勝29分24敗(バイエルン)

【得点経過】
1−0:レヴァンドフスキ(5分、)
2−0:ハメス(14分、アラバ)
3−0:ミュラー(23分、ハメス)
4−0:レヴァンドフスキ(44分、リベリ)
5−0:リベリ(45+1分、ハメス)
6−0:レヴァンドフスキ(87分、キミヒ)

【マン・オブ・ザ・マッチ】ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

【試合後監督コメント】
ユップ・ハインケス(監督:バイエルン)「前半に関しては、プレースタイルにしてもポゼッションについても、テクニック面でも言えることだが、まさにお祭り騒ぎという感じだったね。後半については火曜日に重要な試合があるということもあり、リズムが低下したところもみられていたのだが、しかしながらそれでも我々としては無失点に抑えたいと思っていたよ」

ペーター・シュテーガー(監督:ドルトムント)「これだけの大差がついてしまったが、それでも内容に見合ったものだといえるだろう。バイエルンはこの試合にむけて万全をきしており、我々のミスをつまく突いて、非常に危険でで対人戦もよかったよ、勝利のためにね。うちからはそういうところが全く見られなかった。我々はおざなりにプレーし、守備に関しては一貫性に欠け、あまりにも簡単に試合に臨んでしまっていた。バイエルンにこれから重要な試合があるということで、我々はむしろ救われたところさえあったと思う。だからこの程度の結果で済んだのさ。

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報