ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月20日

ニュルンベルク、シャルケ関心のドイツU21代表レーヴェンと延長

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


エデュアルド・レーヴェンがニュルンベルクとの契約延長で合意に達した。U21代表に対しては、他クラブからの関心も寄せられていたものの、「このクラブと長期契約を結べて嬉しいよ。僕にたくさんのものを与えてくれた。ここで僕はプロへと飛躍をとげたんだ。残留の意思は僕のなかでは明らかだったよ。」と、クラブ公式にて同選手は述べている。

2016年にザールブリュッケンのユースからニュルンベルクへと加入したレーヴェンは、2017年3月にトップチームデビューを果たし、今季はクラブと共にブンデスリーガへと昇格。今季は主力として32試合に出場し、5得点4アシスト(kicker採点3.32)をマークしていた。

身長188cm、DFからFWまで、幅広くプレー可能な21才のMFに対しては、特にシャルケからの関心が伝えられていたものの、今回延長に成功したニュルンベルクのアンドレアス・ボルネマン代表は「大きなポテンシャルをもった選手だ。それはシーズンを通して示されたものだよ。素晴らしい成長を遂げているね。だからこそより、うちで成長をつづけていってくれることを嬉しく思っている」と喜びを語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報