ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月29日

【採点・コメント】ブレーメンvsレヴァークーゼン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【開催日時】2018年10月28日18時0分〜(日本時間18時)

【スタジアム】ヴェーザー・シュタディオン(ブレーメン:最大収容人数4万2100人)

【主審】マルコ・フリッツ(kicker採点:2.5)

【試合経過】
0−1:フォランド(8分、ベララビ)
0−2:ブラント(38分、ベララビ)
0−3:ベララビ(45分、フォランド)
46分:ブレーメン(ピサーロ⇔フリードル)
52分:レヴァークーゼン(ベイリー⇔ベララビ)
59分:レヴァークーゼン(ベララビ⇔L.ベンダー)
1−3:ピサーロ(60分、クラーセン)
2−3:大迫勇也(62分、)
2−4:ハヴェルツ(67分、フォランド)
70分:ブレーメン(ラシカ⇔シャヒン)
2−5:ドラゴヴィッチ(72分、ブラント)
2−6:ハヴェルツ(77分、ヴァイザー)
79分:ブレーメン(メーヴァルト⇔大迫勇也)
81分:レヴァークーゼン(アラリオ⇔ハヴェルツ)

【試合後コメント】

フロリアン・コーフェルト(監督:ブレーメン)「我々は1つのサッカーにおける観点を見失っていたよ。それはカウンターへの対応だ。あまりに辛く、痛いものだ。しかしこれで全てが台無しとなるわけではないよ」
ハイコ・ヘアリヒ(監督:レヴァークーゼン)「今回の試合が肩の力をこれから抜けるように、そして勢いへとつながることを期待しているよ。いいディフェンスもカウンターも見せていた。うまくいったね。私のモチベーションは高いし、ベストの準備を行なっていきたいと思う。」

【マン・オブ・ザ・マッチ】カリム・ベララビ(レヴァークーゼン)



  • ブンデスリーガ・各チーム情報