ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月28日

久保裕也、YB時代の指揮官ヒュッター監督との対戦で先発復帰なるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  今夏にKAAヘントからニュルンベルクへと加入し、今季はブンデスリーガで開幕から5試合つづけてほぼフル出場を続けていた久保裕也。しかし病気明けとなった第4節と第5節では精彩を欠き(kicker採点4)、第6節では体調面を考慮してケルナー監督は欠場。だが先発復帰したライプツィヒ戦ではkicker採点5のパフォーマンスで60分に交代が告げられた。

 今季より昇格組として臨むニュルンベルクとしては、日本代表FWに対して大きな期待感を寄せていたものの、ここまでは無得点0アシストとまだ期待されていたアクセントをもたらすには至っておらず、第8節では今季はじめて、終了間際の出場に。

 ドイツのサッカーメディア『フースバル・ニュース』に対して、ケルナー監督は久保裕也について「彼は俊敏性と精力性に長け、両足を巧みに操る選手だ」と賞賛。ただFWの大黒柱イシャク・ベルフォディルが負傷欠場となり、その穴埋め候補として若手クネールと共に久保裕也の先発復帰の可能性も出てきたが、起用法については避けている。

 なお日曜には長谷部誠が所属する、最近公式戦5試合5連勝中の好調アイントラハト・フランクフルトと対戦。特に久保裕也にとっては、ヤング・ボーイズ時代に指導を受けた、アディ・ヒュッター監督とここドイツで再会を果たすことになるのだが、果たして元指揮官との対決で再び、その勇姿をピッチで見せつけることができるだろうか。注目の試合は日本時間21時半からキックオフだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報