ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月16日

デュッセルドルフ、左SBに問題。ギーセルマンの出場が疑問視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節のシャルケ戦で敗れ、降格圏内へと突入したフォルトゥナ・デュッセルドルフ。しかしこの試合ではさらに、左サイドバックのニコ・ギーセルマンが裂傷を抱えて途中交代を余儀なくされており、週末に行われるTSGホッフェンハイム戦に間に合うかはまだ不透明な状況だ。

 「金曜日までは、ギリギリといったところだね」と語ったフリードヘルム・フンケル監督は、「練習での様子を見守っていくことになるよ」とコメント。デュッセルドルフは今夏に、かつてバイエルンでプレーしていたディエゴ・コンテントを獲得していたものの、しかshながら現在は負傷により離脱。左サイドバックでの選手層に問題を抱えているところだ。

 そのためもしも欠場ということになれば、ポリバレントなヤン・ツィマーを左サイドバックとして、急遽起用する可能性もあるだろう。さらに守備の形態を3バックに変更することもオプションだ。

 ただその一方でデュッセルドルフでは、ウィンガーのダヴォル・ロヴレンも、足首の負傷のために出場が危ぶまれており、さらにバックアップGKラファエル・ヴォルフも背中の問題で離脱を余儀なくされている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報