ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月05日

【採点・コメント】バイエルン1−1フライブルク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年11月3日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】アリアンツ・アレナ(ミュンヘン:最大収容人数7万1000人)

【主審】フィリックス・ツヴァイヤー(kicker採点4)


【試合経過】
63分:バイエルン(リベリ⇔ロッベン)
67分:フライブルク(テラッツィーノ⇔フランツ)
71分:バイエルン(ミュラー⇔ハメス)
1−0:ニャブリ(80分、ラフィーニャ)
83分:バイエルン(ゴレツカ⇔ニャブリ)
83分:フライブルク(ヴァルトシュミット⇔クラインディーンスト)
1−1:ヘーラー(89分、ギュンター)
90分:フライブルク(リーンハルト⇔ヘーラー)


【試合後コメント】
【バイエルン1−1フライブルク】
ニコ・コヴァチ(監督:バイエルン)「良い立ち上がりを見せていたし、ヴァリエーションをもった戦いをみせ、うまくボールを回せていたのだが。もしもレヴァンドフスキが先制弾を決めれていたら、かなりやりやすくなっていただろうにね。当然ながら失望している。ドルトムントとの勝ち点差は広がってしまった。これからはアテネでの戦いが待っているよ」
クリスチャン・シュトライヒ(監督:フライブルク)「うまく試合に入れなかったし、バイエルンのゲーゲンプレスでボールを奪われていたよ。後半からはよくなったがね。バイエルンにとっては、ここまで守備的に構えられれば難しかったのではないか今回ドローに持ち込めてとても嬉しいよ。ここでは良く敗戦を喫していたのでね」

【マン・オブ・ザ・マッチ】クリスチャン・ギュンター(フライブルク)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報