ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月12日

【採点・コメント】ハノーファー2−1ヴォルフスブルク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年月日時30分〜(日本時間時半)

【スタジアム】HDI ・アレナ(ハノーファー:最大収容人数4万9000人)

【主審】マルコ・フリッツ(kicker採点3.0)


【試合経過】
1−0:マイナ(31分、ベブー)
46分:ヴォルフスブルク(ブレカロ⇔ギンチェク)
46分:ヴォルフスブルク(イェボア⇔レシベツァイ)
2−0:(62分PK、バカロルツ)
70分:ハノーファー(アルボルノス⇔サレンレン・バゼー)
74分:ハノーファー(ヴァイダント⇔マイナ)
2−1:ヴェクホルスト(82分PK、ゲルハルト)
87分:ハノーファー(原口元気⇔ウッド)


【試合後コメント】
アンドレ・ブライテンライター(監督:ハノーファー)「選手たちが燃えているのを感じていた。良い形で試合に入ることができたが、ただ焦りを感じた時間帯もあったよ。選手たちは全力を尽くし、最後はそれが結果として報われた。重圧は増していたし、決してそれは軽いものなどではなかったよ」
ブルーノ・ラバディア(監督:ヴォルフスブルク)「非常にシンプルさ。これ以上ないほどの得点チャンスがあった。それが敗因のポイントとなったのだお。我々は単純にミスをおかしてしまったのさ。今日の試合でやぶれるなんて・・・。これを消化するのはむずかしいものがあるよ」

【マン・オブ・ザ・マッチ】ミヒャエル・エッサー(GKハノーファー)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報