ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月12日

【採点・コメント】ホッフェンハイム2−1アウグスブルク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年11月10日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】ライン=ネッカー・アレナ(ホッフェンハイム:最大収容人数3万150人)

【主審】ロベルト・シュレーダー(kicker採点4.5)


【試合経過】
1−0:クラマリッチ(65分、ジョエリントン)
66分:ホッフェンハイム(グリフォ⇔ビッテンコート)
1−1:フィンボガソン(69分、リヒター)
82分:ホッフェンハイム(ネルソン⇔シュルツ)
2−1:ネルソン(84分、シャライ)
88分:ホッフェンハイム(ブレネット⇔クラマリッチ)
77分:アウグスブルク(グレゴリッチュ⇔カイウビー)
90分:アウグスブルク(シーバー⇔ク)


【試合後コメント】
ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)「4バックを採用して、相手にサプライズを演じようと思っていた。しかし逆に相手からもサプライズを受けることになり、深い位置に下がる結果となってしまったがね。特にこれといった場面が前半でみられなかったのは、そういった戦術的要素が影響してのことだと思う。最終的には勝利にふさわしいものは見せられなかったのだが、しかし全くもってふさわしくなかったというわけでもないさ」
マヌエル・バウム(監督:アウグスブルク)「非常に悔しい。少なくとも勝ち点1には見合っていたと思うのだが。ただオフェンスでもディフェンスでも、もっと自分たちのことを省みなくてはならないよ。こんな形での敗戦はあまりに残念だ。ただ悪いのは、あくまで自分たちにあるのだがね」

【マン・オブ・ザ・マッチ】オリヴァー・バウマン(GK:ホッフェンハイム)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報