ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月12日

【採点・コメント】ニュルンベルク0−2シュトゥットガルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年11月10日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】マックス・モーロッック・シュタディオン(ニュルンベルク:最大収容人数4万9923人)

【主審】クリスチャン・ディンガート(kicker採点3.0)


【試合経過】
0−2:エリック・トミー(82分、)
56分:ニュルンベルク(パラシオス⇔ケアク)
0−1:バウムガルトル(68分、)
70分:ニュルンベルク(ペトラク⇔ベーレンス)
78分:シュトゥットガルト(トミー⇔マッフェオ)
83分:ニュルンベルク(ペレイラ⇔フクス)
90+1分:シュトゥットガルト(アイドニス⇔アシカシバル)
90+4分:シュトゥットガルト(アコロ⇔ゴメス)


【試合後コメント】
ミヒャエル・ケルナー(監督:ニュルンベルク)「シュトゥットガルトが勝利にふさわしかった。良い形で試合に入れていたのだが、しかしうまくポジショニングができずにダメージを与えるには至らなかったよ。シュトゥットガルトは良いプレーをみせ、スペースでうまく厚みを持たせていた」
マルクス・ヴァインツィール(監督:シュトゥットガルト)「非常に安堵している。この重要な勝利を良い内容で得られたのだから。そこまで安定感がなかったのは見て取れたと思う。しかしそれでも戦い、そして良い試合をみせてくれた。今日はとても重要な勝利だ、これほど厳しい状況下にあったのだから」

【マン・オブ・ザ・マッチ】ティモ・バウムガルトル(DF:シュトゥットガルト)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報