ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月22日

デュッセルドルフのフンケル監督「ブンデスで最大の難関」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われる敵地ミュンヘンでの王者バイエルンとの一戦では、デュッセルドルフからのべ7千人のファンが帯同するものの、足先に負傷をかかえるCBカーン・アイハンについては、「明日の様子をみる」とフリードヘルム・フンケル監督はコメント。まだ出場は未定のままとなっている。

 バイエルン戦に向け、指揮官は「ミュンヘンでのアウェイ戦は、ブンデスにおけるもっとも困難なタスクだ。世界トップのクラブの1つであり、勝ち点を得るためにはよほど物事がうまくハマらないといけないよ」と指摘。「難しさはわかっているが、戦わずして敗れるつもりはない。いい結果を得るために全力を尽くす」と誓った。

 ただそのバイエルンは現在は5位、前節では頂上決戦で敗戦し、首位との勝ち点差は7に広がっている。それでも指揮官は「彼らは数多くの得点チャンスを作り出しているんだ」と強調。違いとしては「それを今季は活かしきれていない」と述べ、バイエルン戦で勝点を得ていたクラブたちは「とにかく良い守備をみせ、そして非常に効果的に得点をしていたんだ」と、攻略のレシピについて語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報