ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月26日

【採点・コメント】アウグスブルクvsフランクフルト

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年11月24日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】WWK・アレナ(アウグスブルク:最大収容人数3万0660人)

【主審】フェリックス・ツヴァイヤー(kicker採点2)

【先発】

【試合経過】
0−1:デ・グズマン(1分、ハーラー)
5分:フランクフルト(ルス⇔アブラーム)
46分:アウグスブルク(リヒター⇔イェンセン)
0−2:ハーラー(47分、ジョヴィッチ)
0−3:レビッチ(68分、ダ・コスタ)
72分:アウグスブルク(ク⇔シーバー)
78分:フランクフルト(ガチノヴィッチ⇔ジョヴィッチ)
82分:アウグスブルク(コルドバ⇔グレゴリッチュ)
89分:フランクフルト(ウィレムス⇔デ・グズマン)
1−3:コルドバ(90分、カイウビー)


【試合後コメント】
マヌエル・バウム(監督:アウグスブルク)「非常に残念な試合展開だったよ。フランクフルトの3トップの強さは頭にあったし、だからこそあんなに簡単に先制点を喫してしまったことは理解できない。オフェンスについてはしっかりとプレーしていたし、同点にも迫っていたのだが。ただ諦めなったところはポジティブだね。しかし多くのチャンスを活かせなかったことと、クレバーに守備を行わなくてはいけなかったことからも、敗戦にふさわしかったといえるさ」
アディ・ヒュッター(監督:フランクフルト)「とても難しい試合だった。3−1という結果を非常に嬉しく思う。アウグスブルクが勢いに乗る前に、自分たちにとてもいい時間帯があったし、2−0とすべきだったと思う。もっと多くの得点チャンスがあったし、逆にもっと失点する可能性もあったね。ただまだ何も結果がでているわけではないが、それでも私は誇りに思っている」

【マン・オブ・ザ・マッチ】セバスチャン・ハーラー(フランクフルト)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報