ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月05日

【採点・コメント】ドルトムントvsフライブルク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年12月1日23時30分〜(日本時間15時半)

【スタジアム】シグナル・イドゥナ・パーク(ドルトムント:最大収容人数8万1360人)

【主審】フランク・ヴィレンボルク(kicker採点2.0)

【先発】

【試合経過】
1−0:ロイス(40分PK、サンチョ)
37分:ドルトムント(トプラク⇔ザガドゥ)
68分:フライブルク(ラヴェ⇔フランツ)
70分:ドルトムント(アルカセル⇔ゲッツェ)
77分:フライブルク(クラインディーンスト⇔ゴンドルフ)
78分:フライブルク(ヘーラー⇔ペテルセン)
81分:ドルトムント(フィリップ⇔ロイス)
2−0:アルカセル(90+1分、ピシュチェク)


【試合後コメント】
ルシアン・ファヴレ(監督:ドルトムント)「難しい試合になる、それは至極当然のことだった。フライブルクはミュンヘンの地で勝ち点
1を奪い、そしてグラードバッハから勝利を収めていたのだから。非常にうまく組織化され、そしてコンパクトにプレーしていたよ。穴を見出すのは困難だったね。ただ我慢強くプレーできていたし、それは実際に求められた試合だった。最終的には勝利にふさわしかったと思う。」
クリスチャン・シュトライヒ(監督:フライブルク)「立ち上がりではうまく組織化して、良い取り組みを見せていたのだが、しかしドルトムントのあれほどの速さを守り抜くのは困難だ。期待感を抱かせる戦いぶりはみせたものの、カウンターではなかなかうまく最前線にまで持ち込むことができなかったね」

【マン・オブ・ザ・マッチ】ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報