ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月05日

【採点・コメント】ハノーファーvsヘルタ・ベルリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年12月1日23時30分〜(日本時間15時半)

【スタジアム】HDI ・アレナ(ハノーファー:最大収容人数4万9000人)

【主審】フェリックス・ブリヒ(kicker採点2.0)

【先発】

【試合経過】
0−1:トルナリガ(44分、ラザロ)
53分:ハノーファー(シュヴェグラー⇔バカロルツ)
66分:ハノーファー(原口元気⇔ムスリジャ)
69分:ハノーファー(ヴァイダント⇔コルブ)
69分:ヘルタ・ベルリン(ミッテルシュテート⇔カルー)
0−2:イビセヴィチ(73分、トルナリガ)
80分:ヘルタ・ベルリン(ケプケ⇔イビセヴィッチ)
87分:ヘルタ・ベルリン(ダルダイ⇔レッキー)


【試合後コメント】
アンドレ・ブライテンライター(監督:ハノーファー)「最初のアクションが不注意で、それから不安定感が増していくこととなったよ。前半はおそらく、私が監督に就任して最悪のものだったのではないか。後半ではいくぶんかマシにはなったが、しかしながら決して良いものでもなかった。ヘルタの勝利はふさわしいものだったよ」
パル・ダルダイ(監督:ヘルタ・ベルリン)「とにかく勝利をつかみたかった。前半はまるでテニスのようだったね。一貫性が欠けていたよ。相手はフィジカル面で良い状態にあったね。ただ先制点を奪ってからは変わった。ただもっと早く追加点を奪ってはよかったとは思うがね。総じて見てとても満足できるものではあったよ」

【マン・オブ・ザ・マッチ】ジョーダン・トルナリガ(ヘルタ・ベルリン)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報