ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月05日

【結果・コメント】ニュルンベルク1−1レヴァークーゼン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年12月3日20時30分〜(日本時間28時半)

【スタジアム】マックス・モーロッック・シュタディオン(ニュルンベルク:最大収容人数4万9923人)

【主審】ビビアナ・シュタインハウス(kicker採点.)

【先発】

【試合経過】
0−1:ハヴェルツ(30分、)
46分:ニュルンベルク(エラス⇔ペトラク)
46分:レヴァークーゼン(ヴェンデウ⇔S.ベンダー)
1−1:マルグライター(56分、)
58分:ニュルンベルク(ズラレク⇔久保裕也)
66分:レヴァークーゼン(ベイリー⇔ブラント)
76分:ニュルンベルク(パラシオス⇔ケアク)
79分:レヴァークーゼン(アラリオ⇔コール)


【試合後コメント】
ミヒャエル・ケルナー(監督:ニュルンベルク)「後半での変更が功を奏したようだね。とても気持ちの入った戦いを見せてくれたし、これだけ厳しいコンディションの中で、非常に懸命にプレーしていたと思う。両チームともに力の限りを尽くしていた。」
ハイコ・ヘアリヒ(監督:レヴァークーゼン)「この状況でリスクをおかしたくはなかった。通常とは異なる状況だったのでね。しかしそれでも我々はチャンスをいくつも作り出してはいたのだが、ただ残念あがらこのピッチでは、自分たちの良さが消されてしまうよ」

【マン・オブ・ザ・マッチ】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報