ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月08日

【採点・コメント】ブレーメンvsデュッセルドルフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年12月7日20時30分〜(日本時間28時半)

【スタジアム】ヴェーザー・シュタディオン(ブレーメン:最大収容人数4万2100人)

【主審】マルコ・フリッツ(kicker採点3.5)

【先発】

【試合経過】
1−0:メーヴァルト(20分、クルーゼ)
1−1:ルケバキオ(43分PK、)
46分:デュッセルドルフ(ヘニングス⇔宇佐美貴史)
60分:ブレーメン(ハルニク⇔ピサーロ)
61分:デュッセルドルフ(モラレス⇔フィンク)
69分:ブレーメン(J.エッゲシュタイン⇔メーヴァルト)
2−1:ハルニク(71分、J.エッゲシュタイン)
76分:ブレーメン(サージェント⇔ラシカ)
3−1:サージェント(78分、ハルニク)
87分:デュッセルドルフ(ラマン⇔ルケバキオ)


【試合後コメント】
フロリアン・コーフェルト(監督:ブレーメン)「今回の勝利は非常に重要なものだ。だから私は非常に嬉しく思っているところだよ。我々が今日見せていたプレーは、特に前半に関してはとても良かった。後半では少し荒れる展開となったが、我々はチームとしてうまく機能していたよ」
フリードヘルム・フンケル(監督:デュッセルドルフ)「許してはいけない形で、相手に失点を許してしまった。2失点目と3失点目は、不意に決められてしまったよ。あんなことはあってはいけない。こういった個人によるミスを減らしていかない限り、我々は非常に苦しい戦いを強いられることになる。だが選手たちを信頼しているよ。年末までに勝ち点を積み重ねていきたい」

【マン・オブ・ザ・マッチ】マルティン・ハルニク(ブレーメン)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報