ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月17日

【採点・コメント】ライプツィヒvsマインツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年12月16日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】レッドブル・アレナ(ライプツィヒ:最大収容人数4万2959人)

【主審】マルティン・ペテルセン、kicker採点2

【先発】

【試合経過】
1−0:ポウルセン(14分、カンプル)
2−0:ポウルセン(19分、ヴェルナー)
2−1:オニシウォ(38分、エズトゥナリ)
46分:ライプツィヒ(ライマー⇔カンプル)
67分:マインツ(マキシム⇔クアイソン)
3−1:ヴェルナー(74分、デメ)
78分:マインツ(ウジャー⇔オニシウォ)
83分:マインツ(ボエチウス⇔エズトゥナリ)
85分:ライプツィヒ(イルザンカー⇔クロスターマン)
89分:ライプツィヒ(ブルマ⇔ヴェルナー)
4−1:ヴェルナー(88分、ポウルセン)


【試合後コメント】
ラルフ・ラングニック(監督:ライプツィヒ)「予想通りに難しい試合展開となった。選手たちが見せてくれたリアクションはより高く評価できるというものだよ。内容に見合った形で勝利をおさめることができた。残りの2試合でどれだけ勝ち点を得られるのか、これからみていこうじゃないか」
サンドロ・シュヴァルツ(監督:マインツ)「追いかける展開となってから、とてもいいリアクションを見せていた。互いに一歩も譲らない時間帯もあったのだが、3−1となって大勢が決してしまったよ。結果には苛立ちを感じる、内容よりも差がつきすぎていた」

【マン・オブ・ザ・マッチ】ユスフ・ポウルセン(ライプツィヒ)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報