ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月09日

【マインツvsレヴァークーゼン】結果・コメント

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年2月9日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】オペル・アレナ、マインツ(観衆2万1905人)

【主審】ロベルト・シュレーダー

【先発】

【試合経過】
0−1:ヴェンデウ(5分、ベララビ)
1−1:クアイソン(9分、ハック)
1−2:ハヴェルツ(19分、ベララビ)
1−3:ブラント(30分、フォランド)
1−4:ベララビ(43分、ブラント)
55分:マインツ(グバミン⇔クンデ)
62分:マインツ(オニシウォ⇔アーロン)
62分:レヴァークーゼン(バウムガルトリンガー⇔ハヴェルツ)
1−5:ブラント(64分、フォランド)
71分:マインツ(ホルトマン⇔ボエチウス)
78分:レヴァークーゼン(イェドヴァイ⇔ヴェンデウ)
81分:レヴァークーゼン(アラリオ⇔ブラント)


【試合後コメント】
サンドロ・シュヴァルツ(監督:マインツ)「開始早々からプレッシャーをかけていき、そして実際に先制点を奪うチャンスはあったのだ。しかしながらレヴァークーゼンは、最初のチャンスをものにしてリードを奪ってしまったよ。それからうちにも同点とするチャンスはありながら、レヴァークーゼン側は得点を重ねていった。あまりに容易にロストしてしまっていた」
ペーター・ボシュ(監督:レヴァークーゼン)「結果どうこうというだけでなく、内容をみないとね。マインツ側にはあと数点得点するだけのチャンスがあったし、逆に我々にはあと4点は得点を決めるチャンスがあった。ただ総じて見て、とても満足できるものではあるさ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報