ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月10日

【グラードバッハvsベルリン】結果・コメント

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年2月9日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】ボルシア・パーク(観衆4万8232人)

【主審】マルティン・ペテルセン

【先発】

【試合経過】
0−1:カルー(30分、グルイッチ)
34分:グラードバッハ(キュイザンス⇔ホフマン)
0−2:ドゥーダ(56分、ゼルケ)
64分:グラードバッハ(ヘルマン⇔ラング)
0−3:ゼルケ(76分、ドゥーダ)
81分:グラードバッハ(クラマー⇔シュトローブル)
88分:ベルリン(ダリダ⇔ドゥダ)


【試合後コメント】
ディーター・ヘッキング(監督:グラードバッハ)「開始から25分まではいい形でこれていたんだ。この時間帯で得点を決めておかなくてはならない。それが我々にはできなかったということ。先制点を奪われてからは、我慢ができなくなってきており、そこまで集中してプレーすることができていなかったね。敗戦にはまちがいなくふさわしいものだったさ」
パル・ダルダイ(監督:ベルリン)「うまく、集中して守備を行うことができていた。後半ではカウンターにて、数多くの得点チャンスを作り出すことができていたよ。間違いなく勝利にふさわしかったし、選手たちに大きな賛辞をおくりたい」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報