ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月11日

【ブレーメンvsアウグスブルク】結果・コメント

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年2月10日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】ヴェーザー・シュタディオン(観衆4万138人)

【主審】マヌエル・グレーフェ

【先発】

【試合経過】
1−0:ラシカ(5分、クラーセン)
2−0:J.エッゲシュタイン(27分、モイサンデル)
3−0:ラシカ(28分、クラーセン)
36分:ブレーメン(メーヴァルト⇔ラシカ)
53分:アウグスブルク(イェンセン⇔マックス)
68分:アウグスブルク(ハーン⇔フィンボガソン)
77分:ブレーメン(ピサーロ⇔J.エッゲシュタイン)
4−0:メーヴァルト(83分、)
88分:ブレーメン(サージェント⇔クルーゼ)
88分:アウグスブルク(スタニッチ⇔バイアー)


【試合後コメント】
フロリアン・コーフェルト(監督:ブレーメン)「前半に関しては、少しツキに恵まれたところがあった。アウグスブルクがオフェンス面で良いところをみせていたね。後半では我々は落ち着きとクレバーさをもってプレーしていた。とても感動的な1週間をすごしたよ。とても満足だね。選手たちに賛辞をおくりたい」
マヌエル・バウム(監督:アウグスブルク)「前半ではブレーメンは見事にチャンスを得点に結びつけてしまった。4つのシュートで3つが決まってしまったよ。常に守備は求められるというものだ。後半に関しては、そこまで存在感を見せられずに、得点チャンスを見出すことができていなかったね。敗戦は致し方ない。点差はつきすぎたとは思うけれども」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報