ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月11日

【デュッセルドルフvsシュトゥットガルト】結果・コメント

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年2月10日18時0分〜(日本時間26時)

【スタジアム】メルクール・シュピール・アレナ(観衆4万211人)

【主審】クリスチャン・ディンガート

【先発】

【試合経過】
1−0:カラマン(34分、ルケバキオ)
46分:シュトゥットガルト(ドニス⇔ツーバー)
2−0:フィンク(49分、ツィマー)
64分:シュトゥットガルト(トミー⇔ゲントナー)
65分:デュッセルドルフ(モラレス⇔フィンク)
76分:デュッセルドルフ(ラマン⇔ツィマー)
82分:デュッセルドルフ(ヘニングス⇔カラマン)
82分:シュトゥットガルト(アコロ⇔エスヴァイン)
3−0:ラマン(85分、シュテーガー)
■退場:デュッセルドルフ(90+3分、ゴンザレス)


【試合後コメント】
フリードヘルム・フンケル(監督:デュッセルドルフ)「これで勝ち点は25だ。しかしそれでも残留する数字上でしかない。ただ今回の勝利は、さらなる自信につながるものではあるね」
マルクス・ヴァインツィール(監督:シュトゥットガルト)「当然、失望している。対人戦で相手のようにしっかりと入れていなかった。両失点ともに、我々から助けてしまったところがあったよ。難しい状況だ。今は自分の進退問題どうこうを気にしている場合ではない」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報