ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月17日

【ベルリンvsブレーメン】採点・結果、MOM、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年2月16日18時30分〜(日本時間26時半)

【スタジアム】ベルリン五輪スタジアム(観衆4万9627人)

【主審】セーレン・ストークス(kicker採点4.5)

【先発】

【試合経過】
1−0:ゼルケ(25分、カルー)
57分:ベルリン(シェルブレッド⇔トルナリガ)
61分:ブレーメン(ピサーロ⇔J.エッゲシュタイン)
75分:ブレーメン(メーヴァルト⇔バルグフレーデ)
75分:ブレーメン(サージェント⇔ラシカ)
81分:ベルリン(クリュンター⇔カルー)
90分:ベルリン(ダリダ⇔ドゥーダ)
1−1:ピサーロ(90+6分FK、)


【試合後コメント】
パル・ダルダイ(監督:ベルリン)「あまりにもチャンスの場面でおざなりなプレーを露呈してしまっていた。前半では2−0としなくてはならなかったはずだという感覚を覚えたよ。そういった試合展開ではあったが、ただそれでも今回はどうしても、勝利をつかまなくてはならなかったさ」
フロリアン・コーフェルト(監督:ブレーメン)「あまり良い試合展開ではなかった、立ち上がりは決していいものではなかったね。あまりうまく動けていなかったように思う。ヘルタは我々の努力に対して、あらゆる手を駆使して引き止めをはかっていた。ただベルリンに対して批判を口にするわけではないさ」

【マン・オブ・ザ・マッチ】オンドレイ・ドゥダ(ベルリン)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報