ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月04日

【ヴォルフスブルクvsブレーメン】結果・コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年3月3日18時0分〜(日本時間26時)

【スタジアム】フォルクスワーゲン・アレナ(観衆2万8101人)

【主審】ダニエル・シーベルト(kicker採点3)

【先発】

【試合経過】
42分:ブレーメン(ヴェリコヴィッチ⇔ラングカンプ)
46分:ヴォルフスブルク(ペルヴァン⇔カスティールス)
1−0:ブルックス(54分、アーノルド)
68分:ブレーメン(ピサーロ⇔ラシカ)
1−1:クルーゼ(74分、M.エッゲシュタイン)
78分:ヴォルフスブルク(レシベツァイ⇔クラウス)
82分:ブレーメン(メーヴァルト⇔バルグフレーデ)


【試合後コメント】
ブルーノ・ラバディア(監督:ヴォルフスブルク)「相手より、我々の方が勝利に近かったと思う。しかし勝ち点1でオーケーとしなくてはならない試合というものあるものさ。いい時間帯でリードを奪ったのだが、残念ながら2点目を奪うことができなかった。それがおそらくは、最終的に勝てなかった要因になってしまったのだろう」
フロリアン・コーフェルト(監督:ブレーメン)「今回は勝ち点に非常にふさわしいものだったと考えているし、決してこれは欧州リーグ出場権争いにおいて交代を意味するものではないよ。ただ確かに金曜日に迎えるシャルケとのホーム戦では勝利をおさめなくてはならないがね。これはちょっとした決戦といえるのかもしれない」

【試合スタッツ】アンソニー・ブルックス
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報