ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月09日

【ブレーメンvsシャルケ】採点・結果、コメント、MOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年3月8日20時30分〜(日本時間28時半)

【スタジアム】ヴェーザー・シュタディオン(観衆4万2100人)

【主審】ギド・ヴィンクマン(kicker採点5.5)

【先発】

【試合経過】
0−1:エムボロ(26分、マッケニー)
1−1:ラシカ(31分、クルーゼ)
2−1:クルーゼ(51分PK、クルーゼ)
67分:ブレーメン(ハルニク⇔ピサーロ)
3−1:ラシカ(73分、M.エッゲシュタイン)
73分:シャルケ(クトゥジュ⇔ベンタレブ)
79分:シャルケ(マトンド⇔スクリプスキ)
84分:ブレーメン(バルテルス⇔ラシカ)
3−2:エムボロ(85分、オチプカ)
87分:シャルケ(サネ⇔カリジュリ)
90+1分:ブレーメン(メーヴァルト⇔クルーゼ)
4−2:ハルニク(90+4分、メーヴァルト)


【試合後コメント】
フロリアン・コーフェルト(監督;ブレーメン)「シャルケを決して過小評価などしていなかったし、全力を尽くしてくることはわかっていた。同点に追いついてからは、試合をつかむことができたし、継続して向上をみせていったよ。ただ2失点目に関してはいただけないがね」
ドメニコ・テデスコ(監督:シャルケ)「最終的には勝ち点が重要であり、それを我々は手にすることができなかった。ここのところの2試合、マインツ戦やデュッセルドルフ戦よりもプレーを改善していきたかったし、それは決して難しいことでもなかったさ。そして先制点により幕をあけることができたのだけれども、逆転されてからは難しくなってしまったね。この偉大なクラブからの信頼を寄せてもらえる限り、私は全力を尽くして臨んでいく」

【マン・オブ・ザ・マッチ】マックス・クルーゼ(ブレーメン)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報