ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月11日

原口元気2戦連続アシスト【ハノーファーvsレヴァークーゼン】採点・結果、コメント、MOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年3月10日18時0分〜(日本時間26時)

【スタジアム】HDIアレナ(観衆3万3800人)

【主審】セーレン・ストークス(kicker採点4)

【先発】

【試合経過】
0−1:フォランド(13分、ブラント)
0−2:フォランド(28分、ブラント)
46分:ハノーファー(ヴァイダント⇔ウォレス)
1−2:ジョナタス(51分、原口元気)
61分:レヴァークーゼン(コール⇔アランギス)
66分:レヴァークーゼン(ベララビ⇔ベイリー)
68分:ハノーファー(ムスリジャ⇔マイナ)
2−2:ヴァイザー(73分、ヴァイダント)
2−3:ハヴェルツ(87分、ブラント)
90分:ハノーファー(フェリペ⇔コルブ)


【試合スタッツ】
原口元気:フル出場、★1アシスト(シュート総数1、アシスト性のパス1、タッチ総数61、対人戦勝率69%、パス総数38、パス成功数24、パス失敗数14、パス成功率63%、ファウル数0、被ファウル数2、オフサイド0)

【試合後コメント】
トーマス・ドル(監督;ハノーファー)「選手たちは闘争心をみせてくれたのだが、しかし結果としてそれは報われなかった。勝ち点1には見合ったものをみせていたと思う。だたポジティブなところは、このチームがまだ決して死んではいないこと。そしてキャラクターを示してくれていたことだ」
ペーター・ボシュ(監督;レヴァークーゼン)「今回の勝ち点3を非常に嬉しく思っている。この試合をそこまで分析することはできないよ。悪天候のためになかなかサッカー自体ができなかったからね」

【マン・オブ・ザ・マッチ】ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報