ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月01日

【ハノーファー0−1シャルケ】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年3月31日15時30分〜(日本時間22時半)

【スタジアム】HDI ・アレナ(ハノーファー:観衆4万4500人)

【主審】スウェン・ヤブロンスキ(kicker採点:2.5)

【1部通算対戦成績】17勝11分30敗(ハノーファー)

【得点経過】
0:1 S.セルダー (39., スタンブリ)

【マン・オブ・ザ・マッチ】:アレクサンダー・ニューベル

【試合スタッツ】
原口元気:フル出場(シュート総数3、アシスト性のパス1、総走行距離10.53km、タッチ総数82、対人戦勝率59%、パス総数57、パス成功数47、パス失敗数10、パス成功率82%、ファウル数3、被ファウル数2、オフサイド0)
浅野拓磨:75分〜(シュート総数1、アシスト性のパス0、総走行距離2.41km、タッチ総数12、対人戦勝率67%、パス総数6、パス成功数5、パス失敗数1、パス成功率83、ファウル数67、被ファウル数0、オフサイド0)

【先発】

ハノーファー:エッサー (3) – ゾルク (3,5) , アントン (3) , ヴィマー (3,5) , ヴィマー (4) – バカロルツ (3,5) , シュヴェグラー (4,5) – 原口元気 (3) , N.ミュラー (4) , マイナ (5) – ヴァイダント (4,5)
交代: 46. ムスリジャ⇔ゾルク、61. フェリペ⇔ヴィマー、75. 浅野拓磨⇔マイナ
ベンチ:シャヒン=ラドリンガー,コルブ,ベック,フォッスム
監督: トーマス・ドル「何を言えるというんだね?もちろん我々が置かれた状況が良くなったわけがないし、またしても運に見放されてしまった。意欲的にプレーしていたし、しっかりとしたパフォーマンスをみせていたと思う。だがまたしても勝ち点はついてこなかった。だからみんな打ちひしがれているよ」

シャルケ::ニューベル (1,5) – J. ブルマ (4) , S.サネ (3,5) , ナスタッチ (3,5) – スタンブリ (3) , オチプカ (4) – マスカレル (4) – S.セルダー (3) , ルディ (4,5) – ウート (4,5) , エムボロ (4,5)
交代:71. クトゥジュ⇔ルディ、79. ブジェラブ⇔S.セルダー、89. コノプリャンカ⇔エムボロ
ベンチ:ランガー,メンディル,リーター,トイヒェルト
監督:フーブ・ステフェンス「この状況にあるのだから、気持ち的に決して軽さをもって試合に臨めたわけではない。それでも闘争心をもって戦わなくてはならないんだ。それを今日、選手たちは見せてくれたと思う。無失点に抑えられたことはよかったね、ニューベルに感謝したい。今回の結果が、次の試合に向けての自信となることを願っている」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報