ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月07日

【バイエルン5−0ドルトムント】採点・結果、コメント、MOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2018年4月6日18時30分〜(日本時間25時半)

【スタジアム】アリアンツ・アレナ(ミュンヘン:最大7万5000人)

【主審】マヌエル・グレーフェ(kicker採点平均2)

【1部通算対戦成績】46勝29分25敗(バイエルン)

【得点経過】
1:0 フメルス (10., ティアゴ)
2:0 レヴァンドフスキ (17.)
3:0 マルティネス (41., レヴァンドフスキ)
4:0 ニャブリ (43., T.ミュラー)
5:0 レヴァンドフスキ (89., ニャブリ)

【マン・オブ・ザ・マッチ】ロベルト・レヴァンドフスキ

【先発】

バイエルン:ノイアー (3) – キミヒ (2,5) , ズーレ (3) , フメルス (1,5) , アラバ (2) – マルティネス (1,5) – T.ミュラー (1,5) , ティアゴ (2) – ニャブリ (1,5) , レヴァンドフスキ (1) , コマン (2)
交代:68. F.リベリ⇔コマン、77. ゴレツカ⇔マルティネス、80. サンチェス⇔T.ミュラー
ベンチ:ウルライヒ,J.ボアテング,ラフィーニャ,ハメス
ニコ・コヴァチ(監督:バイエルン)「サッカーでは説明のつかないことも起こるものだ。今日は我々は相手に対して即座にプレッシャーをかけていき、そして試合を手中におさめていったよ。本当にうまくやっていたね。またあまりゴールに相手を近づけさせることもなかった。前線から激しく取り組んでいたからね。チームへの批判も少なからずあったし、だからこそ余計に嬉しく思うものだよ」

ドルトムント:ビュルキ (2) – ピシュチェク (5) , アカンジ (4,5) , ザガドゥ (6) , ディアロ (5) – ヴィツェル (5) – ダフード (6) , デラニー (5) – サンチョ (5,5) , ブルーン・ラーセン (5) – ロイス (5)
交代:46. ヴァイグル(4) ⇔ザガドゥ 62. M.ゲッツェ⇔ダフード 69. M.ヴォルフ⇔ピシュチェク
ベンチ:ヒッツ,シュメルツァ,トプラク,フィリップ
ルシアン・ファヴレ(監督;ドルトムント)「我々としては学びの試合となってしまった。本当にとても難しい試合となってしまったね。バイエルンはかなり我々を上回っていたし、はるかに早くプレーしていた。試合の後になれば、ゲッツェを先発から外していたことがよくなかったともいえるかもしれないが、ただ外のシステムのほうがうまくいっていたかどうかは、私にはわからないね。精力的に深い位置へと入って行きたかったのだが、しかしながら残念なことにそれはあまりうまくいかなかったよ。これからは次の試合へと集中していくということ。今日のような戦いをみせるようでは、当然ながら難しくなってしまうものさ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報