ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月03日

ドイツサッカー殿堂が創設、ベッケンバウアー氏ら11人が選出

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドルトムントにあるドイツサッカー・ミュージアムにて、ドイツサッカーの殿堂の新設記念式典が月曜日に開催された。このたび殿堂入りを果たした1人、フランツ・ベッケンバウアー氏は「ハリウッドに代表されるようにこれには多くの例があるしね」と語り、同じく選出されたマティアス・ザマー氏は「非常に感謝している」とコメント。またパウル・ブライトナー氏は、「運営組織が果たすべきタスクは、次の世代でもそのクオリティを高く保ち続けることにある」との考えを示している。

 前述の3名のほか、今回受賞したローター・マテウス氏、ゼップ・マイアー氏、アンドレアス・ブレーメ氏、ギュンター・ネッツァー氏らが出席。さらに不在となったがゲルト・ミュラー氏、そして名誉主将のフリッツ・ヴァルター氏や、ベルンの奇蹟のヘルムート・ラーン氏やゼップ・ヘルベルガー氏も選出された。


 この”ベスト11”は、28名の専門性をもったスポーツジャーナリストらによって選出されており、kickerからはイェルグ・ヤコブ氏が参加。会場にはドイツサッカー連盟会長ラインハルト・グリンデル氏、名司会者トーマス・ゴッチャルク氏、ベルギーの伝説的GKジャン=マリー・プファフ、そして2014年優勝時の主将フィリップ・ラーム氏の姿もみられた。

 なお今回対象となったのは、現役引退から5年以上が経過している選手たちであり、そのためラームはじめ2014年の優勝メンバーは対象外となっているが、選出までは時間の問題といえるだろう。なお今回は創設の「ファーストイレブン」として11人が選出されたが、以後は毎年4〜5人が選出される見通しとのこと。なお女性部門については、この夏に実施される予定だ。


【ドイツサッカー・ホール・オブ・フェイム・ファーストイレブン】
GK:ゼップ・マイアー
DF:パウル・ブライトナー、フランツ・ベッケンバウアー、アンドレアス・ブレーメ
MF:フリッツ・ヴァルター、ローター・マテウス、マティアス・ザマー、ギュンター・ネッツァー
FW:ヘルムート・ラーン、ゲルト・ミュラー、ウーヴェ・ゼーラー
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報