ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月13日

【ニュルンベルク1−1シャルケ】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年4月12日20時30分〜(日本時間27時半)

【スタジアム】マックス・モーロッック・シュタディオン(ニュルンベルク:最大収容人数4万9923人)

【主審】ロベルト・カンプカ(kicker採点5.5)

【マン・オブ・ザ・マッチ】アレクサンダー・ニューベル

【1部通算対戦成績】15勝15分26敗(ニュルンベルク)

【得点経過】
PK失敗 ニュルンベルク(45+2., ベーレンス)
1:0 久保裕也 (82., マテウス・ペレイラ)
1:1 ナスタッチ (85., マスカレル)

【試合スタッツ】
久保裕也:50分〜、★1得点(シュート総数1、アシスト性のパス0、総走行距離5.31km、タッチ総数25、対人戦勝率20%、パス総数16、パス成功数14、パス失敗数2、パス成功率88%、ファウル数0、被ファウル数0、オフサイド0)

【先発】
ニュルンベルク:マテニア (3,5) – Ro.バウアー (3,5) , ミュール (3) , エヴェルトン (2) , ライボルト (2,5) – エラス (3,5) – レーヴェン (3,5) , ベーレンス (4) – マテウス・ペレイラ (2,5) , ケアク (3) – イシャク (4)
交代:50. 久保裕也(2,5) ⇔ライボルト
ベンチブレッドロウ,マルグライター,フクス,ペトラク,ティルマン,パラシオス
ボリス・ショマース(監督;ニュルンベルク)「今日は、我々は勝ち点2を失う結果となってしまった。チームに対しては誇りに思う。私が指揮をとって以来、ベストのパフォーマンスだった。数多くのチャンスを作れていたというのに。ミスジャッジにも見舞われてしまったよ。なぜサポート技術が用いられなかったのか理解に苦しむ。今日は決定力、審判、そしてアレクサンダー・ニューベルによって止められてしまった。」

シャルケ:ニューベル (1,5) – スタンブリ (5) , S.サネ (4,5) , ナスタッチ (4) – D. Caligiuri (5,5) , マスカレル (4) , オチプカ (5) – ブジェラブ (5) , アリ (5) – ブルクシュタラー (4,5) , スクリプスキ (5)
交代:46. エムボロ(5)⇔スクリプスキ、67. ベンタレブ⇔アリ、81. ルディ⇔ブジェラブ
ベンチフェアマン,J. ブルマ , カールス , クトゥジュ
フーブ・ステフェンス(監督;シャルケ)「悪い試合をみせてしまった。今日はあまりにもサッカーを見せることができず、決していいパフォーマンスを発揮してはいなかったよ。まさに残留争いというべき試合だったね。ただ同点にできたことに関しては満足することができる」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報