ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月15日

【デュッセルドルフ1−4バイエルン】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】4月14日15時30分〜(日本時間22時半)

【スタジアム】メルクール・シュピールアレナ(デュッセルドルフ:観衆5万3400人))

【主審】フェリックス・ツヴァイヤー(kicker採点4.0)

【マン・オブ・ザ・マッチ】キングスレイ・コマン

【1部通算対戦成績】10勝10分28敗(デュッセルドルフ)

【得点経過】
0:1 コマン (15., ニャブリ)
0:2 コマン (41., キミヒ)
0:3 ニャブリ (55., T.ミュラー)
1:3 ルケバキオ (89., PK)
1:4 ゴレツカ (90. + 2)

【試合スタッツ】
宇佐美貴史:80分〜(シュート総数0、アシスト性のパス0、総走行距離1.55km、タッチ総数1、対人戦勝率0%、パス総数1、パス成功数1、パス失敗数0、パス成功率100%、ファウル数0、被ファウル数0、オフサイド0)

【先発】

デュッセルドルフ:レンジング (2,5) – M.ツィマーマン (4,5) , ホフマン (4) , M.カミンスキ (4) , アイハン (4,5) – ソボットカ (4) – シュテーガー (4) , バルコク (4) – ラマン (4,5) , ヘニングス (5) , コフナツキ (5)
交代:67. モラレス⇔ソボットカ、68. ルケバキオ ⇔ヘニングス、80. 宇佐美貴史⇔コフナツキ
ベンチ:タイセン,ボルムート,カラマン,ドゥクシュ
監督:フリードヘルム・フンケル「今日はチャンスは無かった。それははっきりと言わなくてはなるまい。バイエルンは非常に集中したプレーをみせていたし、我々にとっては簡単な試合にはならなかったよ。ただそれでも素晴らしい日だったとは思う。1部残留を果たしたのだから。それは祝福するのに十分な理由となるよ。そして私は我々がそれにふさわしかったとも思っている」

バイエルン:ノイアー (3) – キミヒ (2,5) , ズーレ (3) , フメルス (3) , アラバ (3) – マルティネス (3) – T.ミュラー (2) , ティアゴ (3) – ニャブリ (2) , レヴァンドフスキ (3,5) , コマン (2)
交代:53. ウルライヒ(3)⇔ノイアー、70. ゴレツカ ⇔T. ミュラー、80. ハメス⇔ニャブリ
ベンチJ.ボアテング,マイ,デイヴィース,サンチェス
監督:ニコ・コヴァチ「非常に真摯な姿勢で試合へとのぞみ、そこまで相手に自由を与えてはいなかった。点差に見合った内容をみせていたと思う。選手たちは非常にいいプレーをみせていたよ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報