ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月23日

【ヴォルフスブルク1−1フランクフルト】採点・結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】4月22日20時30分〜(日本時間27時半)

【スタジアム】フォルクスワーゲン・アレナ(ヴォルフスブルク:観衆2万6102人)

【主審】マルコ・フリッツ(kicker採点2)

【1部通算対戦成績】17勝11分6敗(ヴォルフスブルク)

【得点経過】
0:1 ダ・コスタ (78., コスティッチ)
1:1 ブルックス (90., クラウス)

【試合スタッツ】
長谷部誠:kicker採点2.5(シュート総数0、アシスト性のパス0、総走行距離9.59km、タッチ総数40、対人戦勝率68%、パス総数34、パス成功数23、パス失敗数11、パス成功率1、ファウル数、被ファウル数0、オフサイド0)

【マン・オブ・ザ・マッチ】ワウト・ウェクホルスト(ヴォルフスブルク)

【先発】
ヴォルフスブルク:ペルヴァン (3) – ティスランド (4,5) , クノッヘ (3) , ブルックス (2,5) , ウィリアム (3,5) – ギラボギ (4) – ゲルハルト (3,5) , アーノルド (3) – ギンチェク (3) , メーメディ (2) – ウェクホルスト (2)
交代:64. マリ⇔ゲルハルト、82. シュテッフェン⇔ティスランド、86. クラウス⇔ギンチェク
ベンチ:メンツェル,S.ユング,ブレカロ,レジュベツァイ
監督:ブルーノ・ラバディア「満足することはできない。前半だけで4度は決定的なチャンスがあったんだ。後半でもたくさんみられたし、守備面では相手にあまり自由を与えていなかったよ。あの失点は非常に不運なものだった。この試合は勝利しなくてはならないものだったよ」

フランクフルトトラップ (2) – アブラーム (3,5) , 長谷部誠 (2,5) , ファレット (3,5) – デ・グズマン (3,5) , トロ (4) , コスティッチ (3) – ローデ (3,5) – ガチノヴィッチ (3,5) – パシエンシア (3,5) , ジョヴィッチ (5)
交代:69. ダ・コスタ ⇔ローデ、69. レビッチ⇔ジョヴィッチ、90. + 1 トゥーレ⇔パシエンシア
ベンチ:レノウ,チャンドラー,ヌディカ,ウィレムス
監督:ニコ・コヴァチ「喜ぶべき結果なのだろうが、しかし同点という結果に、そこまでふさわしくない戦いをしていたというわけでもないさ。今回の勝ち点は非常に価値のあるものだと思うよ。パフォーマンスについては、前半よりも後半の方でよくなっていたね」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報