ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月01日

ニュルンベルクが、チーム編成/スカウト部門の強化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2週間前に1.FCニュルンベルクのマネージャーへと就任したロベルト・パリクカ氏は、すでにさらに2人の専門家を首脳陣へと加えたい考えを示していたのだが、どうやらそれももう詰めの段階にまで入っているようだ。

 フロリアン・マイアー氏(36)と、ケヴィン・クルックシャンク(43)である。今のところはまだ具体的な肩書きは明らかにはなっていないが、チーム編成/チーフスカウトの分野を担うことになる模様。

 ノルベルト・マイアー監督の息子であるフロリアン・マイアー氏は、ダルムシュタットにて従事しており、国内外に置ける幅広いネットワークを持つことでも評価を受けている人物。

 またストーク・シティにて従事しているクルックシャンク氏は、これまでにチーフスカウトとしてアルナウトヴィッチやホセル、ディウフなど、ブンデスから選手を獲得するなどブンデスリーガにも精通した人物だ。

 さらにニュルンベルクでは後任監督候補として、パリクカ氏との繋がりが深い、現ギリシャ1部アトロミトスFC監督の、ダミル・カナディ氏の名前が浮上している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報