ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月06日

【レヴァークーゼン6−1フランクフルト】採点・結果、コメント、MOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年5月5日18時0分〜(日本時間25時)

【スタジアム】ベイ・アレナ(レヴァークーゼン:観衆3万210人)完売

【主審】ロベルト・ハルトマン(kicker採点3)

【1部通算対戦成績】31勝13分24敗(レヴァークーゼン)

【得点経過】
1:0 ハヴェルツ (2., アランギス)
2:0 ブラント (13., アランギス)
2:1 コスティッチ (14.)
3:1 アラリオ (23., L.ベンダー)
4:1 アランギス (28., ブラント)
5:1 アラリオ (34., フォランド)
6:1 ヒンターエッガー (36., OG, ブラント)

【マン・オブ・ザ・マッチ】チャールズ・アランギス

【試合スタッツ】
長谷部誠、フル出場:(シュート総数0、アシスト性のパス0、総走行距離9.82km、タッチ総数29、対人戦勝率60%、パス総数18、パス成功数17、パス失敗数1、パス成功率94%、ファウル数1、被ファウル数0、オフサイド0)

【先発】

レヴァークーゼン:フラデツキー – ター , S.ベンダー , ヴェンデウ – バウムガルトリンガー , アランギス – L.ベンダー , フォランド – ハヴェルツ , ブラント – アラリオ
交代:60. ドラゴヴィッチ⇔S.ベンダー、67. ヴァイザー⇔L.ベンダー、83. パウリーニョ⇔アラリオ
ベンチ:R.エズカン , イェドヴァイ , コール , キース・テリン
監督:ペーター・ボシュ「直接対決で手にした重要な勝利だ。まだ結果を掴んだわけではないが、しかし近づくことはできたよ。これからのシャルケ戦でもこの日と同様のエネルギーを求めている」

フランクフルト:トラップ – トゥーレ , アブラーム , 長谷部誠 , ヒンターエッガー , ヌディカ – G.フェルナンデス , ウィレムス – デ・グズマン , コスティッチ – レビッチ
交代:37. ガチノヴィッチ⇔ウィレムス、37. ジョヴィッチ⇔ヌディカ、74. チャンドラー⇔ダ・コスタ
ベンチ:レノウ,ファレット,ダ・コスタ,パシエンシア
監督:アディ・ヒュッター「暗黒の1日となった。しかし選手たちを叩きつけるようなことはしない。軌道修正をはかっていかなくては。それにしても今日は悪かったね。それでもなお、CL出場への可能性はまだ残されているが」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報