ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月08日

ブンデスリーガ、今季の入れ替え戦の日程を設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカー連盟は水曜、2018/19シーズンの入れ替え戦の日程を確定。ブンデスリーガでは16位のチームが(現在はシュトゥットガルト)、ブンデス2部3位のクラブ(現在はウニオン・ベルリン)と対決する。

 第1戦は5月23日20時半(日本時間27時半)より、第2戦は5月27日おなじく20時半(27時半)よりキックオフ。いずれの試合もドイツ国内ではペイパービュー (Eurosport Player)で放映されることとなった。

 ちなみにブンデス1部で入れ替え戦進出の可能性を残しているのは、3クラブのみ。シュトゥットガルトは残り2試合で1勝を収めれば残留確定。17位ニュルンベルクと最下位ハノーファーは2連勝が必須条件であり、シュトゥットガルトが1分1敗ならば得失点差により、ニュルンベルクが逆転で入れ替え戦進出を果たす。

 対戦相手はシュトゥットガルトが欧州を争う7位ヴォルフスブルクと残留確定の15位シャルケ、ニュルンベルクが欧州を争う6位グラードバッハと残留確定の13位フライブルク、ハノーファーが共に残留確定の13位フライブルクと10位デュッセルドルフとの対戦だ。一方で2部では2位のパダーボルン含め、3位ウニオン・ベルリン、4位ハンブルク、さらにハイデンハイムやザンクトパウリにも、まだ可能性が残されている。

 なおブンデス2部16位とブンデス3部3位との入れ替え戦は、第1戦が5月24日、第2戦が5月28日の、それぞれ18時15分(日本時間25時15分)よりキックオフ。こちらは国営放送ZDFと、前述のEurosport Playerにて放送される。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報