ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月12日

【ハノーファー3−0フライブルク】採点・結果、コメント、MOM等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年5月11日15時30分〜(日本時間22時半)

【スタジアム】HDI ・アレナ(ハノーファー:観衆3
万8100人)

【主審】ロベルト・ハルトマン(kicker採点2.5)

【1部通算対戦成績】9勝7分4敗(ハノーファー)

【得点経過】
1:0 アントン (39., Prib)
2:0 ベブー (51., マイナ)
3:0 アルボルノス (81., ヴィマー)

【マン・オブ・ザ・マッチ】イフラス・ベブー

【試合スタッツ】
原口元気、フル出場:(シュート総数0、アシスト性のパス1、総走行距離11.03km、タッチ総数49、対人戦勝率42%、パス総数31、パス成功数26、パス失敗数5、パス成功率84%、ファウル数3、被ファウル数2、オフサイド0)

【先発】
ハノーファー:エッサー – ゾルク , アントン , オストルチョレク – 原口元気 , シュヴェグラー , マイナ – プリブ , バカロルツ – ベブー , ヴァイダント
交代:54. アルボルノス ⇔シュヴェグラー、79. ヴィマー⇔ベブー、86. フュルクルーク⇔プリブ
ベンチ:シャヒン=ラドリンガー,エレス , N.ミュラー , ムスリジャ
トーマス・ドル(監督:ハノーファー):「降格したのだから、決していい時間とはいえないさ。とてもいいプレーをみせて、3−0で勝利をおさめ、素晴らしい雰囲気のスタジアムにあったのだが、しかしだれも心から喜ぶことなどできないさ。これは私にとって、初めて経験する降格だ」

フライブルク:シュヴォロウ – P.シュテンツェル , K.シュロッターベック , ハインツ , C.ギュンター – R.コッホ , ヘフラー – フランツ , グリフォ – ペテルセン , ニーダーレヒナー
交代:46. ヴァルトシュミット⇔ニーダーレヒナー、46. サライ⇔P.シュテンツェル、76. ヘーラー⇔ペテルセン
ベンチ:フレッケン,アブラシ,ゴンドルフ,テラッツィーノ
クリスチャン・シュトライヒ(監督:フライブルク):「もう力は残っていない。ハノーファーは全ての分野で我々を圧倒していた。チームの降格を目にすることは辛い。しかし戻ってくることもできるんだ。パフォーマンスについては今日は口にしたくはない。まるで我々が降格して、ハノーファーが中盤にいるかのような試合だったよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報