ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月11日

デュッセルドルフ、若手GKタイセンとプロ契約

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に控えるドルトムント戦に向け準備をすすめるフォルトゥナ・デュッセルドルフは、若手GKヤニック・タイセンとプロ契約を締結したことを発表した。昨夏にケルンのセカンドチームから加入した同選手は、デュッセルドルフの下部チームで13試合に出場する一方、トップチームのGK陣による相次ぐ負傷離脱のため、23試合でベンチ入り。

 マネージャーを務める、ルッツ・プファンネンシュティール氏は「ヤニックは大きなポテンシャルをもった若手選手だ」との評価を述べ、「今季は信頼に応えられる、そういった部分を見せてくれた。最初のプロ契約締結にふさわしいものだよ」と言葉を続けた。

 なおデュッセルドルフでは守護神ミヒャエル・レンジングとの契約延長が近づいているほか、新たに先発GKを担える選手としてハノーファーのミヒャエル・エッサーをリストアップ。ドロブニー、ヴォルフの代わりにさらにもう一人のGKを獲得する可能性もある。

 タイセンは「デュッセルドルフで最初のプロ契約を結べてうれしいよ。今季はいろいろあったシーズンだけど、このまま良い意味での成長をつづけていきたい」と述べ、「このような機会を与えてくれたデュッセルドルフに感謝している」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報