ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月15日

ニュルンベルクがショマース暫定監督の退任を発表

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCニュルンベルクは火曜、暫定監督を務めていたボリス・ショマース氏が、今季限りでクラブを後にすることを発表した。前任者のミヒャエル・ケルナー監督時代では、昇格組として平均失点2.2を記録していた守備陣を立て直した同氏。しかしながらリーグ戦12試合で手にした勝利はわずかに1つ。

 「集中して行なった分析」の結果、ニュルンベルクは来季より新監督を迎え入れる判断をくだしたことを、マネージャーを務めるパリクカ氏が明かした。「ボリスの取り組みに感謝している。」なおアシスタントのミンタル氏がU21、アデルマン氏はU19で指導するとのこと。

 なお後任については間も無く発表を行いたい考えであり、すでに有力な候補として、今冬に進退問題に揺れたデュッセルドルフでも後任候補として名前があがっていた、ダミル・カナディ氏があがっている。

 ギリシャのアトロミトスFCにてすでに退任を発表した48才は、ニュルンベルクの新マネージャーであるロベルト・パリクカ氏と互いによく知る仲であり、2013〜2016年まで指揮をとったSCRアルタッハにて、ヨーロッパリーグ出場へと導く成功をおさめた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報