ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月17日

フュルト「井手口陽介を残留させたいが・・・」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週日曜日には、宮市亮所属のブンデス2部ザンクトパウリとの今季最終戦が控えている、グロイター・フュルト。すでに2部残留を確定させていることからも、マネージャーを務めるアズージ氏は来季に向けたチーム作りに勤しんでいるところであり、そのうちの課題の1つがレンタルで加入の4選手の残留交渉にある。

 「我々としてはレーゼ、アタンガ、そして井手口陽介を、ぜひ残留させたいと思っている。ただそれが実現可能かどうかは、結果をみていくしかないさ」と同氏は語った。

 前十字靭帯断裂により長期離脱を余儀なくされ、今季はここまでリーグ戦6試合のみに出場している井手口のレンタル契約には、買い取りオプションが付随しているもののフュルト側にとっては高額。それでも前節に先発復帰した日本代表MFについてリーズ・ユナイテッドと引き続き話し合いを続けていきたい考えだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報