ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月19日

【バイエルン5−1フランクフルト】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年5月18日15時30分〜(日本時間22時半)

【スタジアム】アリアンツ・アレナ(観衆7万5000人)

【主審】サシャ・シュテーゲマン(kicker採点.)

【1部通算対戦成績】53勝22分21敗(バイエルン)

【得点経過】
1:0 コマン (4., T.ミュラー)
1:1 ハーラー (50., アブラーム)
2:1 アラバ (53., T.ミュラー)
3:1 サンチェス (58., コマン)
4:1 F.リベリ (72., キミヒ)
5:1 ロッベン (78., アラバ)

【試合スタッツ】
長谷部誠:(シュート総数0、アシスト性のパス0、総走行距離9.28km、タッチ総数39、対人戦勝率88%、パス総数31、パス成功数24、パス失敗数7、パス成功率77%、ファウル数1、被ファウル数2、オフサイド0)

【マン・オブ・ザ・マッチ】

【先発】

【先発】
バイエルンの先発:ウルライヒ – キミヒ , ズーレ , フメルス , アラバ – ティアゴ , ゴレツカ – T.ミュラー – ニャブリ , コマン – レヴァンドフスキ
交代:38. サンチェス ⇔ゴレツカ、61. F.リベリ ⇔コマン、67. ロッベン ⇔ニャブリ
ベンチ:R.-T.ホフマン , J.ボアテング , ラフィーニャ , デイヴィース
監督ニコ・コヴァチ:「選手たちやファンのみなさんに、感謝の気持ちを伝えたい。素晴らしいパフォーマンスをみせることができた。秋には勝ち点差9がつけられ、これほどの巻き返しがもう1度(2009年にヴォルフスブルクがホッフェンハイムとの勝ち点差11を逆転して優勝)できるかはわからなかった。これから、次の週にむけて準備をすすめていくことになる。我々としては国内二冠を達成したい。しかし昨シーズンにも、決して相手を過小評価することなどできないことは経験済みだ」

フランクフルトの先発:トラップ – アブラーム , 長谷部誠 , ヒンターエッガー – デ・グズマン , G.フェルナンデス , ダ・コスタ , コスティッチ – ガチノヴィッチ – ジョヴィッチ , レビッチ
交代:46. ハーラー ⇔デ・グズマン、64. トロ⇔レビッチ
ベンチ:レノウ,チャンドラー,ファレット,トゥーレ,パシエンシア
監督:アディ・ヒュッター「バイエルンは2段階上にあるクラブだよ。我々としてはいいアウェイ戦をみせられたとは思うが。しかしシーズン50試合を戦ったことによる負担の色は見て取れたね。ただマインツが約束を守ってくれたことを嬉しく思うよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報