ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月21日

久保裕也、バウアーらが、今季でニュルンベルク退団へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 久々のブンデスリーガ昇格初年度は、無念の2部降格という結果に終わってしまった1.FCニュルンベルク。これから来季に向けたチーム作りに勤しんでいくことになるが、その一方で5選手についてはすでに退団が明らかになっている。

 そのうちの一人目は、ブレーメンからの期限付きで加入していたロベルト・バウアーだ。守備のスペシャリストは、今季はリーグ戦22試合に出場。kicker採点平均4.45をマークしていた。

 もう一人も同じくKAAヘントからレンタルで加入していた、久保裕也である。開幕から2試合ではkicker採点平均2.5と好スタートを切った攻撃的MFだったのだが、その後は失速してkicker採点平均4.22という結果に。

 ただ第29節で得点をマークした、俊敏性とテクニックに長けた久保については、ニュルンベルクは検討もしたことだろうが、最終的にはを手放す決断を下している。
 
 また今冬加入のイヴォ・イリチェヴィッチ、そしてマウリツィオ・サッリについては、今季は特にチームで役割を得られていなかった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報